■ 手口1:サクラ

ここでは、「■ 手口1:サクラ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



出会い系サイトで一番多い手口は“サクラ”です。
サクラとは女性会員のフリをして男性にメールをし、ポイントを使わせる為のオトリです。
男性は本物の女性会員だと思い込み逢いたい一心で利用料をつぎ込むわけですね。
(逆に男のサクラも存在しますので、女性も注意してください)

「ポイントって有料サイトじゃないの?」

はい、そうです。
でもこれが無料サイトにも関係してくるんですね。

ここで念のため、出会い系サイトを料金制度で分けておきます。

1.完全無料
2.ポイント制
3.定額制

大きく分けてこの3つです。
ポイントというのは通常1pt=10円で購入します。
そして、メール1通送るのに5pt必要…などというのがサイトごとに決まっています。
写真を見たり、メールアドレスを相手に送ろうとすると高いポイントがかかったりします。

つまり、ポイント制の有料サイトは使えば使うほどお金が必要なわけですね。

1の完全無料ですが、無料とうたっておきながらそれは年会費やメール受信だけで、メール送信やアドレス交換は有料というところも多いです。
そういうサイトは、よく読むと「無料登録」とだけ書いてあって、利用料については何も書いてないです。(中には規約に無料と書いてあるのに入ってみたら有料というケースもあります)
最初のポイント使用期間だけ無料、というのも普通です。
本当の意味での「完全無料サイト」は非常に少ないです。

3の定額制は携帯やインターネットプロバイダと同じで、例えば月に1000円払うとその期間は使い放題というものです。
なので、サクラを置く意味があまりないわけです。
もちろん、にぎやかしのための放置サクラはたくさん存在しますが、サクラの悪質さから言ったら軽いほうと言えるでしょう。


こうしてみると、いわゆる悪質なサクラはどこに出没するか分かりますね?
そうです、無料サイトとポイント制サイトです。

特にポイント制の出会い系サイトはその仕組み上、どうしてもサクラを用いてしまう運命にあります。
ポイントの購入金額が会社の利益に直結するため、多くの有料ポイントサイトはサクラを使っています。
メールレディとしてアルバイトを雇っている場合もあります。
女性がやっているとは限らず、一生懸命メールをやりとりしていても実は男性だったなんていうひどいケースもあります。
さらには、自動でプログラムされたサクラもいます。(ネット上で販売しています)
プロフや好みをもとに、その人が好きそうなキャラをでっち上げて、メールを自動送信します。
よくできたものだと、こちらの言葉に反応するように作られていたりするから要注意です。
写メール用の画像も、もちろんニセモノです。(ひどいところだと、アイドルプロダクションの写真を横流ししているケースもあります。だからやたらかわいいわけですね)
また、出会い系サイトやお客様の声に使える専用の写真というのは普通に売買されています。
過去に出会い系サイトでサクラ相手に写真を送ったことがあるなら、あなたの写真が使われている可能性も普通にありえます。

しかし、こういったサクラ行為は一概に違法とは言い切れません。
特にはじめから有料ポイントサイトと説明がしてあるサイトだと、あなたが自分の意思でポイントを買った以上、詐欺罪などに問うのはかなり難しいでしょう。
(サクラを見抜く方法については別のページで)

そして、サクラは有料サイトだけで終わらないのが悪徳出会い系サイトのすごいところです。
なんと、無料サイトにもサクラがいるんですね。 (→ 手口10を参照)


対策としては、サクラは相手にしないのが一番です。

「いかにサクラを見抜くか」が、騙されないためだけでなく、本当に出会うためにも大事になってくるので、別のページで細かく扱います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。