出会い系サイトを辛口に比較・評価・レビューし、悪徳サイトを暴きます

出会い系サイト辛口評価・比較・レビューして、悪徳サイトを暴きます!
  本当に出会いたい人のための、利益度外視&超・良心的なサイトです。

  本当に出会えるサイト一覧はこちら


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネット上にはたくさんの「暴露サイト」があります。

そういったところは、悪徳サイトの実情を暴いた上で優良サイトを紹介しています。

こういうところなら大丈夫そうですよね?
・・・そう思った人は甘いです。

まず、悪徳サイトの暴き方が足りません。
というか、一般的な手口を紹介しているにすぎず、このサイトの暴露1程度のことしか書いてありません。
言ってみれば、そんなのは基本中の基本です。


次に、そこで紹介される「優良サイト」がひどい。
完璧な悪徳サイトではありませんが、悪徳サイトにかなり近いのです。


こういうところでよく紹介される例の1つが「NOEL(ノエル)」です。

ノエル自体は優良サイトです。
サクラも少ないですし、方法さえ間違えなければ実際に会えます。

しかし、ノエルはすでに説明した“自動登録”を使っています。
「ノエルグランデ」「ノワール」といった有料ポイントサイトに誘導されます。
架空請求をするほど悪質ではありませんが、ほぼ100%サクラだらけの悪徳サイトです。


実はノエルも紹介料がもらえます。
800~1000円とわりと低めですが、完全無料サイトでそんなにお金を出せるはずがありません。

無料登録をすると紹介料がもらえる…ことになっていますが、実際は無料登録だけでなく、有料サイトでポイントを購入しないと紹介料の承認がされにくいという仕組みになっています。

つまり、どういうことか?
ノエルを紹介して紹介料がほしければ、そこで有料ポイントを買ってもらわないといけないということです。
はじめから悪徳サイトを使わせることが前提なんですね。

悪徳サイトを暴いておきながら、悪徳サイトに誘導する……どう思いますか?
私は許せません。

ノエルを紹介するサイトは、大体ノエルを褒めちぎってあります。

「本当に出会える。完全無料。評判がいい」などなど。

そして、変なところに同時登録されて、有料ポイントを買わされるなんてことは一切書きません。
だって、書いたらポイントを買ってもらえなくなり、ひいては紹介料ももらえなくなりますから。

悪徳サイトを暴いた本人が悪徳サイトを応援しているわけですね。
ふざけた話です。

なので、ノエルをひたすらに勧める紹介サイトは信じてはいけません。(センターも同じ)
実際、ノエルを「有害サイト」と認定したサイトは1つしか見たことがありません。
まさしく本物のサイトだったと思います。
そこも今はどうしているか知りませんが…。

まぁ、ノエル自体が本物の無料サイトだというのが唯一の救いです。
といっても、実際は文字化けがひどくて、そのままでは使えたものではありませんが…。
(ノエルの正しい使い方は、無料攻略レポートを参照してください)

なお、ノエル・センターでもこのような状況ですから、
それ以外の無名サイトを宣伝しているところは大体悪徳紹介サイトです。
完全無料…だけど、男女でメールがつながらないサイトはいくらでも存在します。

そういう騙しだけが目的の出会えないサイトを平気で紹介するようなインチキサイトに騙される人が少なくなることを願っています。


スポンサーサイト



紹介サイト、比較サイト、ランキングなどにも優良と悪徳があるということが分かってもらえたと思います。

では、どういうところが優良なのか?

答えは簡単。
優良な有料サイトだけを紹介しているところです。

紹介するほうからすれば、本当は無料サイトを紹介したいのです。
その方が登録する人が増えますよね?
そうすれば、そのぶん収入も増えるというわけです。

評判がよくて、誰でもある程度は出会えるサイトとなると、定額制の有料サイトです。
真正面からそこを紹介しているなら、そのサイトは優良サイトでしょう。
ラブサーチなんかが有名ですよね。

また、ポイント制でもちゃんと出会える実績のあるところもあります。
ハッピーメールなんかが有名です。

見ての通り、この2つにはリンクが貼ってあり、このリンクをたどって申し込みをすると、私に紹介料が入るという仕組みです。

それでもいいよ、という人はどうぞ登録してください。


ただ、このサイトはこれで終わるつもりはありません。

もう少し後で、無料で出会えてしまう方法も紹介していくつもりです。
しかも、この方法だと私に紹介料はもらえません。
良心的なサイトを目指したとはいえ、我ながら悲しいですが…(涙)


なので、せめてランキングのクリックなんかには協力してもらえると嬉しいです。
これを見る人が増えれば、サクラなどに騙される人が減り、さらには出会い系で騙す側の悪い人間にダメージを与えることができます。
(そういう趣旨なので、知らないうりにサイトが閉鎖に追い込まれるケースもありえます)

みなさんのご協力と温かい声が励みです。




出会い系ランキングというのは、集客面でとても使いやすいツールです。

しかし、これまでに書いてきたような理由で出会い系ランキングサイトも全くアテになりません。
“優良”だから1位なのか“紹介料が儲かる”から1位なのか、分からないサイトも多くあります。

実際あなたがサイト運営者だとして、同じように紹介しても紹介料が2倍以上違ってくるとしたら、やっぱり高いサイトを紹介したくなりませんか?
そうやって、ランキング順位も手を加えたりするわけです。

まぁ、どこかの誰かが個人的に決めた、根拠も何もないランキングサイトは最悪です。
これは何の調査もせずに、紹介料だけを参考に100%独断で作っています。
こんなところはすぐに閉じてください。

またinとかoutとかもちゃんと集計して、複数のサイトから登録制でやっているようなサイトでも操作が行われていたりします。
広告料を払うことで、上位にランキング表示させることはもはや当たり前です。
悪徳業者が自分たちで談合して、グループでランキングサイト自体を立ち上げているというケースもあります。

こういったランキング操作は、出会い系に限らずどこでも行われているものなので、ランキングを単純に信じるのはやめましょう。
特にお金がからむものは絶対に信じてはいけません。

この文章さえも、疑いながら読むくらいでちょうどいいです。
…本当に疑われたら、それはそれでちょっと悲しいですが(涙)




やたらとエロい作りのサイトがあります。

「こんな女と出会ってヤッた」というノリで、かわいい写真を載せていたりします。
(もちろんどこかから仕入れてきたニセモノの写真ですが)

実際にエッチをした体験談を書いているところもあります。
フェラさせた、スケベな人妻だった、中出しした、もう何度もヤッた…などなどですね。
女性が読んだら確実に引くような内容です。

でも、男には非常に受けます

実は、紹介料は「男性を紹介」したときの方が高い報酬をもらえるんです。

普通なら女性登録者が少ないので、女性の方が高いと思いますよね?
違うんです。

悪徳サイトは、初めから有料サイトに引き込んでお金を使わせるのが目的です。
有料サイトを使いやすいのはもちろん男性です。
そのため、一部の悪質サイトでは男性の方が高い紹介料を設定しているのです。

実際、女性が1000円で男性が3000円という極端なところもあったりします。

そのため、Hな画像など男性が喜びそうなつくりをしているサイトは怪しいと思ってください。

しかし、そういうサイトに登録する女性もいるから世の中面白いです。
サクラに搾り取られて終わりなんですけどね。
女性の方も騙されないように気をつけてください。
(女性向けの内容は次の「暴露4」で扱います)



ここでは、これから出会い系を使おうとしている女性や、出会い系は怖くて使えないという女性向けに、男性の出会い系サイトの利用法を暴露しながら、アドバイスや情報提供をしていくページです。
男性のタイプ別攻略法なんかも載せます。

男性には怒られそうな内容も書いてあるので、女性しか読まないでくださいね。

暴露4:女性向け出会い系サイトの使い方 目次(各ページへ飛びます)

出会い系は女性がとっても有利
大量のメールに注意
まずはサクラにご用心
サクラ体験談
男と女 出会いの目的の違いは?
男性のプロフの見方 その1
男性のプロフの見方 その2
写真の掲載
実際に出会うときの注意点 その1
実際に出会うときの注意点 その2
サイトによる男性の質の違い




出会い系サイトというのは、女性が非常に有利な出会いの場所です。

なぜなら、登録者数からして大きく違うからです。
男:女=9:1や8:2なんて普通です。99:1なんてところもあります。
とにかく男性の方がはるかに多いんですね。

ちなみに、男女比5:5などと書いてあるサイトはほぼ100%ウソです。
ほっておいたら男性の方が増えるので、5:5にしたければ人数制限をかけないといけません。
でも、女性の登録者数というのは非常に少ないですから、それに合わせて男性を制限すると、総数がものすごく少ないサイトになってしまいます。
(男100人、女10人のサイトで、本当に女性に人数を合わせると男も10人になって、計20人しかいないサイトになってしまいますよね)

総数が減ると、サイトとしての人気が下がります。
人数の少ないサイトには入りたくないですよね?

そして何より、登録者数を制限するとサイトの収益が減ります。
有料サイトは人数が多いほうが儲かるに決まってます。
無料サイトでも、人数が多いほうが広告収入を多くもらえます。

本気で人数制限をするなら、会員の登録料はかなり高くしないと割が合わないんです。
(実際に高くしているサイトも中にはあります)

要するに、男女比5:5というサイトはサクラで補っているということです(笑)
「うちはサクラが多いですよ」と言っているのと同じことなのでそれを信じる男性は悲しいわけですが、今回は女性向け記事なのであまり追及はしません。
女性にとっては、女性のサクラがいくらいても大して影響ありませんから。


そういうわけで、女性にとっては見る目さえあればよりどりみどりの出会いの場というわけですね。

そして、最近では実際に出会い系サイトで出会って結婚するカップルも普通に見られるようになってきました。
結婚式で「出会い系サイトで知り合いました」と言うのはさすがに抵抗がありますが、別に他のところで知り合ったことにすれば済む話です。
実際に、結婚目的のマジメな出会い系サイトでは、多くのカップルが結婚しています。

別に結婚に限らなくても、素敵な恋人を見つけることも可能です。
住んでいるところ、職業、生活習慣などのまったく違う、普段の生活の中では知り合えないような相手と知り合えるのも出会い系サイトのよいところですね。
交友の幅を広げるという意味で使っている女性も多いです。

とはいえ、そういい話ばかりではありません。
注意点を順番に見ていきましょう。




登録すると最初に驚くのが大量のメールです。
出会い系サイトでは女性1人に対してメールが20通、30通来るのは当たり前です。

そこが悪徳サイトだと、さらの多くのメールがサクラからも来ます。
どれが本物かを見抜く以前に、メールが読みきれません。

なので、普段使っているメールアドレスを使うのは絶対にやめましょう。

パソコンを使っている人は「Yahoo!」や「goo」などのフリーメールアドレスが使えます。
これはパソコン上でログインして使う、自分が持っているアドレスとはまったく別のアドレスをつくるというものです。(最近では携帯でも使えるようになってきました)
Yahoo!だったら、トップページの右のほうに「メールアドレスを取得」のようなボタンがあるので、そこから手に入ります。
個人情報の入力が必要ですが、これはフェイクでも大丈夫だったりします。

これとは別に転送用のフリーアドレスというのもあります。
これはアドレスだけ新しいものを作って、そこに送られてきたメールは自分のアドレスに転送されてくるというものです。
携帯だとこちらのほうが多いですね。
http://mm.gjne.jp/ http://vcne.jp/ などがあります。
送信するときに直接相手のアドレスに送ってしまっては意味がないので、そこは気をつけましょう。

なお、出会い系サイトによっては専用のフリーアドレス・転送用アドレスを用意しているところもありますよ。




さて、フリーアドレスでの登録が終わったとしましょう。

大量のメールがフリーアドレスに送られて、受信箱にたまっていきます。
次から次へと、同じような内容のメールがたくさんきます。
中にはいきなり下ネタの悲惨なメールもあります。

この中から自分の運命の人(?)を探すわけですが、まずはサクラを見抜きましょう。

基本的にサクラは男性狙いなのですが、女性狙いのものもあります。
実は女性はこういった知識に乏しいので、騙しやすいんですね。
架空請求なんかも、女性はすぐに払ってしまうというデータがあったりするくらいです。

変なサイトに登録すると、それこそサクラしか来ません。
なので、優良サイトに登録するのは最低条件です。
推薦おススメサイトを参考にしてください)

女性の場合、サクラの見抜き方はわりと簡単です。

まず、カッコいい写真つきのメールは排除しましょう。

これ、ほぼサクラです。
特に芸能人かモデルかと思うようなカッコいいのは全てサクラと思ってください。

「こんな人と付き合いたいのに…」

と思うかもしれませんが、そこは心を鬼にして全て削除です。
サクラに騙されてからでは遅いですよ。

普通の感覚だと、いくらカッコよくてもいきなり写真を見せつけるようなことはしません。
ごくごくまれにそうするイケメンもいますが、そういう人は顔で女性を釣る=完全に割切目的なので、1回で捨てられる覚悟が無い限りはやめておくべきです。

あと、サクラの特徴は“返事もしてない”のに2~3度と繰り返しメールを送ってくることです。 
「ごめん○○ちゃん、怒らせちゃったかな?」
なんて来るのは、確実にサクラです。削除しましょう。

次に、やたら高収入をちらつかせるメールもサクラです。
そんな高収入の人は、安っぽい出会い系なんか使いません(笑)
まぁ実際は使う人もいますが、そんなのはごくごく少数です。

「Hは無しでいい。デート代は全部出す。会って話すだけで癒される」など、やたらとあなたにとって都合のいいことを書いてあるメールもサクラです。
「前金で○万円払います。愛人契約を結んだらさらに○○万円出します」なんていうのもです。

何より、いきなりあなただけにメールを送ってくるはずがありません。
そんなに魅力的なプロフを書いた記憶がありますか?
そういう人と出会いたければ、よほど可愛い写真か、またはテクニックが必要です。

最後に、いきなりアドレスを送ってくるメールもサクラです。
中にはポイントがもったいなくて「直接メールしよう」と送ってくる男もいますが、そういう人は極端にケチか、または他の女性とのメールにポイントを残しておきたいだけなので、無視です。
どうせ魅力的な人はいません。

いくら出会い系が女性に有利と言っても、あまりにもうまい話はちゃんと疑ってくださいね。
サクラに騙されるだけで「出会い系は出会えない」と思って、2度と使わなくなる女性は結構多いです。
女性にとって、出会い系は驚くほど簡単に出会える場所です。
あなたはそんな失敗をしないでください。




これは実際に完全無料サイトで出会った女性から聞いた話です。

こちらは無料サイトでやっていたので、てっきり向こうも無料サイトだと思ってたんですね。
そうしたら、どうやら向こうは有料サイトだったんです。

名前を聞いたら、当時ではそこそこ有名なポイント制サイトでした。
私の使っている無料サイトとつながっていたというのにはかなり驚きました。
その女性がはじめは無料サイトに登録して知らないうちに有料サイトに自動登録されたのか、それともはじめから有料サイトに登録したのかは分かりません。
(どうも口ぶりからすると、はじめから有料サイトだった気がします)

かなりたくさんメールしたらしいですが、本当に出会えたのはかなり少なかったらしいです。

とりあえず、ちゃんと仕組みを知っている人は無料サイトでも出会えるし、知らない人は有料サイトでも会うのに苦労するということですね。

そして、その女性のセリフがすごい。

「アドレス送ってこない人は信用できない。だからアドレスつけてくれる人とだけメールしてた」

いや、それほとんどサクラですから…。

もう少し聞いてみると、やっぱりカッコいい写メの男(サクラ)とメールして、かなりポイントを使わされていました。
もちろん実際に会えるなんてことはありません。
そして、実際に会えるのはプロフとは全く違うブサイクな男ばかり…。

女性だったら無料でどれだけでも出会えるのに、有料で出会うなんてもったいなさすぎます。

これはよくある話なので、あなたも気をつけてください。



サクラの魔の手を逃れたら、今度はウソつき男の手口を見抜かないといけません。
出会い系は、出会ってみてガッカリ…というパターンが非常に多いです。
(これは男女問わずですが)

まず、男と女の違いを押さえましょう。

女性の目的で1番多いのは「普通の出会い」です。

メル友がほしいだけの人もいれば、何でも相談できる友達がほしい人、恋人がほしい人、運命の相手を見つけたい人なんかが多いです。
最終的にセックスが目的の人でも、まずは普通に食事したりして、自然な流れでそういう関係になることを望みます。

単純にセックスフレンド(セフレ)がほしいなんていうのは少数派です。
たまに援助希望や愛人希望の困った女もいますが…。


でも男は違います。男の目的を一言でいうなら「セックスしたい」です(苦笑)

世の中、そんな男ばかりではない!
…と言いたいところですが、こと出会い系をやる男に関してはそういう人がほとんどです。
9割はセックス目的と言っていいでしょう。 

セックス目的の中身を詳しく見ると・・・「可愛い人とだけやりたい」が大多数ですね。
自分のルックスも考えずにこういうことを願う男性が多いんです。
後は「誰でもいいからとにかくやりたい」人もいます。
言いかえると「ぜいたくは言わないから、いつでもやれるセフレがほしい」ということですね(笑)

こういう人と出会っても悲しい思いをするだけなので、しっかり頭に入れておいてください。


こういう男を排除する方法はいくらでもあるので、一度自分で考えてみてほしいです。

例えばわざと「私は会うつもりは全然無くて、友達を探しています」という返事をしてみるとかです。
セックス目的の男性は、会えない女性を「めんどくさい」と思って、次第にメールしなくなります。
急に文章の量が減ったり、ノリが悪くなったりするので、そうしたらもう返事するのはやめましょう。
向こうも素直に引き下がりますから(笑)
それでも続けてくる男性なら、誠実な人の可能性が高くなります。
単にあなたをキープして、同時進行で他にたくさん会っている男の可能性もありますが。^^;

他には、わざと一度誘ってみるというのも手です。
「実は私、セフレを探しています。○○さんはそういう関係でどうですか?」
みたいな感じです。
普通の男は喜んで「自分もセフレ探してます」とか返ってきます(笑)
この申し出をちゃんと断ってくる男性だったら、かなり期待できます。

とはいえ、ここで書いてしまった時点で男性も読んでしまいますから、同じ方法は使えません。

「男の9割はとにかくセックスしたいだけ」

これを頭に入れて、そういう男でもいいのか、そうじゃない男を見つけるのかはあなた次第です。
2股、3股があたり前のひどい男に引っかからないことを願っています。



男性のプロフは正直アテになりません。
女性の年齢くらいアテになりません(笑)

収入や職業は偽りたい放題です。
実際、出会い系の指南サイトでは「ステータスのある職業を書こう」とか、「お金を持っていることをにおわせよう」なんていうテクニックが紹介されています。
(ここはそういうインチキくらいサイトにはしたくないと思っています)

「こんにちは。私はフリーターをしているのですが、深夜勤務が多く出会いの機会がありません」
「こんにちは。私は国立病院の外科医ですが、深夜勤務が多く出会いの機会がありません」

この2つのメールだったら、絶対に後者に返事しますよね?(笑)
でも、ウソのケースが多いんです。
(まぁ、医者がいくら出会いに困っていても、こんなところで探すわけありませんよね)

さすがに最初のメールで見抜くことはできませんので、何回かやりとりをする中で見抜くしかありません。
といっても、相手もちゃんと研究しているので、カマをかけても大体クリアされて、逆に信頼させられてしまうのがオチです。
最終的には実際に会って、身分証を見せてもらったり、働いているところを見せてもらうしかありませんが、そんなことをしたらストーカーみたいです。
なので、実際は見抜くことがかなり難しいというわけです。

とりあえず金持ちを装ってきたら、デート代などは当然出してもらいましょう。
(もちろん自分で出そうという仕草を見せたり、しっかりお礼を言うのは当たり前ですよ)
ちょっとでもしぶったり、ワリカンなどと言い出したら、間違いなくニセモノです。

後は、結婚が目的でない限りは、本当に医者であるかどうかは大して影響ないので、とりあえず信じてしまってよいと思います。
ただし、あまり簡単に体を許しすぎないことと、ごくまれに詐欺もあるので注意してください。

年齢、職業、ステータス、外見、性格などは基本的にそのまま信用しないでおくべきです。

逆に信用してもよいのは、趣味、話している雰囲気、やりとりの中での心遣い、メールしてくる時間帯です。
メールしてくる時間帯をずらすのはなかなか大変なので、職業などが本当かどうかの判断材料にもなります。

さすがに趣味は本当のことを書く人がほとんどですが、中にはあなたのプロフに合わせて書き直してから送ってくるマメな人もいます。
そこまでマメならいい人のような気もしますが、同じことを何人もの女性にやっている人もいるので、その場合はちょっと考え直した方がいいです。



書ききれなかったのでこちらに書きますが、男性の登録している県もウソの場合があります。

隣の県で、そちらの方がよく行くし近いからなどといった理由で別の県に登録している人はいますが、それは大して問題ありません。
そうではなくて、全く別の離れた県で登録する人がいます。
例えば、東京なのに岩手に書き込むとかですね。

これは「地方の女性の方がすれてないから、落としやすい」というのを狙っています。
または「京都の女性が好みで出会いたいから、そこで登録する」なんていう人もいます。

こういう人はほぼ間違いなく「セックス狙い」です。

もちろんメールや最初のデートでは優しくしてくれます。
が、わざわざ遠距離まで来るのは面倒だし、お金もかかります。
なので、セックスしたらもう2度と来ないというケースもよくあります。
やれればそれでいいという考えの男性なので、近づかないようにしましょう。

ただ女性にとっても、逆にそういう人の方が後腐れがなくていいという人もいたりします。
旅行先で恋愛するのはロマンティックですが、その相手を出会い系サイトで予め見つけておくというのもありなのかもしれませんね。
お互いに利害が一致するのなら別に構わないと思います。


あと、写真については何度も撮りなおして「奇跡の1枚(笑)」を送ってきます。
これは女性も同じことをしたりするので、分かりますよね?

実際、写真を見ただけで惚れてしまうようなイケメンはそうそういません。
そういう人は出会い系なんかやらなくても、リアルで出会いがあるからです。
それに、出会い系なんかよりナンパや合コンをする方が楽ですしね。

そういう意味で出会い系は中身重視でいくほうが理にかなっていますが、そうはいってもやはり最低限のルックスもほしいだろうと思いますから、写真交換はしておいた方がいいと思います。
実際、「俺はもてる」とか「元モデル」とかやたら自慢ばかりしている男の写真を見たらガッカリ…というケースは、女性からよく聞きます。
会ってからガッカリするのは最悪なので、写真交換できる人ならしておきましょう。

ただ、私もそうですが写真交換を嫌がる人もいます。
ルックスに自信が無いわけではなくて、写真は悪用されたり流出する危険性が高いので、できれば交換したくないんですね。(パソコンに詳しい人間ほどそう思います)
自信がないから写真を送りたくない…という人と見分けがつかないのが難点ですが(苦笑)

あとは、たまに全く別人のイケメン写真を送ってくる人もいるので注意してくださいね。



プロフィールに写真の掲載をすべきかどうか。

「すぐに相手を見つけて、エッチしたい!」

こういう女性は、掲載しましょう。
「写真無しのメールには返事しません」と書けば、みんな写真つきで送ってくれます。
すさまじい数の中のメールから、まさによりどりみどりになりますよ(笑)

そういう1回きりの関係や、セフレの関係ではなく、普通にちゃんと出会いたい人。
そういう人は掲載しないほうがいいです。

写真を載せると、ただでさえ多いメールがさらに多くなります。
かわいい写真なら、登録初日で100通を超えることもあります。 (実験済み)

「こんなにたくさんメールが来て嬉しい」と自己満足で終わるならよいのですが、この後メールを読んで返事をしようと思ったらかなり大変です。
気に入った人を見つけて返事をしても、他のメールがさらに大量に来るので肝心のメールが埋もれてしまいます。

何より、写真を見てメールしてくる男性は、ほぼセックス目的です。

かわいい → ぜひやりたい
ふつう → これならやれる
かわいくない → 他の人が嫌がってライバルが減るから俺はやれる

こんな感じです(苦笑)

「写真を見てピンと来ました」なんて人もいますが、写真でピンと来るのはおかしいです。
顔を見てかわいかったら、誰でもピンと来ます。
プロフや言葉を読んでピンと来るのが本当の直感でしょう。

写真はある程度メールで話が進んでから、お互いに交換するのが無難です。

ただ、散々メールしたのに写真を見てガッカリ…というケースもよくあります。
(写真を見てよかったのに、実物を見てガッカリというケースもありますが)

そうなると、それまでの時間がもったいなく思えて「次は最初から写真を確認しよう」と考えます。

ただ良識ある大人なら、いきなり写真交換はしません。
写真は悪用できるので、ある程度信用できる相手にしか送るべきではありません。
(実際、そういう写真がサクラに使われているのを知っていますか?)

最初のメールでいきなり「写真を送ってください」と言われたら、私だったら次のメールで「じゃ、もういいです」と返事します。
そうやって、よい相手を逃す可能性もあるわけですね。
(私がよい相手という意味ではなく、私以外にもそういう人がいるということです)

いくら時間がもったいなくても、数回はやりとりしてから写真交換しましょう。
というか、そもそも最初数回のメールでいい男かどうか見抜いてほしいと思いますが…(笑)



いい人を見つけたら、実際に会うことも必要です。

慎重になるのは分かりますが、動かないでいると素敵な本物の出会いを逃してしまう可能性もあります。

写真は撮り方しだいでどうにでもなりますし、加工もできるのでアテになりません。
メールの人格もうまくやれば作れます。
やはり、実際に会ってみて分かることというのは多いです。

しかし、セックス目的の男がよく言うセリフが「会えばこっちのもの」です。
実際、目の前にいると遠慮してしまって、強引に誘われてそのままホテルに…なんてケースも多いです。

最悪、犯罪に巻き込まれる可能性も否定できません。
たまに出会い系に慣れてしまって、知り合ったその日会社帰りに気軽に会う女性なんかもいますが、こういう女性が犯罪に巻き込まれたりするものです。

そのため、会うときはちゃんと条件を整えてからにしましょう。

まず場所が大事です。

絶対に人通りの多いところを選びます。
(でも、友達には出くわさないところの方がいいかもしれませんね)
何かあっても助けを呼べるというのもありますが、人が多いと探さなくてはいけないので、ドキドキして楽しいというのもあります(笑)

デパートの中の飲食店、ショッピングモール、駅なんかが無難です。

次に、最初に行くのは食事やお茶など、向かい合って距離が保てる場所です。
不必要にボディタッチしてくる男がいます。
恋愛テクニックだと思っているようですが、気持ち悪いだけです。
気の弱い女性だと断りきれなくて、そのまま男性ペースで進められることもあります。
あんまりいちゃいちゃできない、人目につくテラス席や、見晴らしのいいカフェなんかがいいでしょう。

相手が「いいお店知ってるよ」と言ってくるのは危険です。
大体密室なので、後悔することになります。
もちろん、いきなりお酒はやめましょう。(この人でいいと思っているときは大丈夫です)

あとは、相手が「どうもメールの印象と違う…」と思う人だった場合の断り方です。

優しい人だと、傷つけるのが嫌でなかなか言い出せませんよね。
でもはっきり言わないとどんどん進んでいきます。
何といっても相手の目的は「いきなりセックス」ですから(苦笑)

一番よいタイミングは、最初の食事orカフェが終わったときです。
「今日は早く帰らないといけないから、続きは今度にしようね」
くらいでいいでしょう。
別にウソでも何でも構いません。嫌なのが伝わればいいんですから(笑)

相手も、そこで逃がすともう会えないと分かっているので、大体はしつこく食い下がってきます。
ここで押し負けると、だいたいそのまま最後までやられて1回きりでお別れという、相手の望むパターンになってしまいます。
多少無理な言い訳になっても、人目のある場所を選んでいるので、仮に相手が力ずくで来ても大丈夫というわけです。
それに本当の誠意ある相手なら、次回でもちゃんと来てくれます。

次に、もう少し断りやすくするためのテクニックも紹介しましょう。



ここで1つテクニックがあります。

それは、会う前のメールで「当日は用事があるから、あまり長くいられないの。お茶だけになるかもしれないけど、それでもいい?」とちゃんと断っておくことです。

「それでもいいよ」と言ってくれたなら、当日もわりとすんなり帰らせてもらえます。
もし会ってみて、とても素敵な人だったら?
当日「やっぱり今日はもう少し一緒にいたい…」と言うだけです。
こう言われて嫌な気のする男はいないので、余計に効果的です(笑)

「それは困る。ゆっくりいられる別の日にしよう」という人は、大体セックス狙いです。
時間切れでセックスまで持ち込めないのが嫌だから、そんなことを言うんですね。
こういう人は切っちゃってください。

こういう下準備をしておくだけで、かなり安全度が増します。
これは分かっていても断れない持っていき方なので、よかったら試してみてください。


最後に、もし可能なら相手より後に集合場所に行くことです。
予め理由をつけて遅れてもいいですし、微妙に1~2分だけ遅れてもいいです。
そして、少し離れたところから集合場所のその人を確認します。
この時点で「話と違う」「怪しい」と思ったら帰ることができます。
逆に「大丈夫そう」と感じたら、出て行けばいいですよね。

男でこれをやる人がいますが、はっきり言って反則だと思います。
ドタキャンというのがありますが、遠目で確認して帰ってしまうケースはよくあります。

ドタキャン自体は仕方ないと思います。
むしろ女性にそうさせてあげる余地を残してあげるのが男の優しさだと思います。
男が女性の品定めをしてから現れる…なんか小さいですよね。
そんな人はあなたのことを大切になんてしてくれません。
絶対にやめましょう。


なお、どうしても待たせるのは嫌だという人もいると思います。(きっと素敵な人ですね)
そういう人は、早めに行って周りのお店なんかを確認しておくのがいいです。
イメージと違う人が来てしまった場合に備えて、カフェなんかを決めておくとよいでしょう。
素敵な人だったら…相手のエスコートに任せるのもよいですね(笑)




「有料サイトだとお金を払っているので、男性の質がいい」とよく言われます。
確かにケチな男性はのぞけるかもしれませんが、有料といってもしょせん数千円単位で登録できるサイトばかりです。
たったそれくらいで、相手がしっかりした人かどうかなんて全く分かりません。

正直に言って、いい男性に出会えるかどうかはサイトに関わらずあなた次第です。
どこのサイトにしようが、ひどい男もいれば、素敵な男性もいます。

基本的に女性はどこのサイトに入っても相手を自由に選べる立場です。
たくさんのメールの中から気に入ったものを選ぶ…宝探しみたいなものです。

とりあえず、いきなり1人に絞るのは危険です。
最初はメル友感覚で何人かの男性とやりとりする方がよいでしょう。
そのうち、男性の本性が見えてきたりもします。

1人に絞りたければ、むしろ自分からメールしましょう。

掲示板をじっくり見て、あなたがピンとくる男性を選んでメールします。
勇気はいりますが、こうして選んだ男性ならハズレの可能性は低いはずです。
自分で選んだわけですから、1人に絞るのも普通のことですよね。

ただし、ほとんどの男性は相手を1人に絞ることはしません。
女性の絶対数が少ないために、登録した女性には次々とメールしますから、返事が来た女性とは同時進行で進めていく人がほとんどです。
そうした場合、当然2股や3股をかけられたりもします。

それが嫌なら、ちゃんと誠実な男性を選ぶようにしましょう。
こう言うと「他にメールしてる人はいないの?」と聞いて安心している人がいますが、「いる」と答える人はいませんよ(苦笑)
逆にいたら、その人は本当の意味で正直者でしょう。

最初にも書きましたが、セックス目的の男性が9割です。
あなたもそれに合わせてセックス目的で付き合うのか。
あまり考えず騙されて不幸な目に遭わされるのか。
それとも、残りの1割を見つけて素敵な恋愛をするのか。

それはすべてあなた次第です。

ここから先は1人1人対処が違ってきます。
メールをしていて不安になったり、どうしていいか分からないことなどがあれば、遠慮なく質問してください。
相手は男性だからこそ、男性にしか本当の気持ちが分からないこともあります。
もちろん、それらを踏まえてここの記事もさらに追加・改善していきます。



出会い系は不安もありますが、本当に素敵な出会いもできる場所です。

あなたも素敵な恋愛をするために、一歩踏み出してみませんか?

不安なことがあっても、私が力になりますよ。



さて、あなたはどこに住んでいますか?

もし東京近郊ならここを読む必要はないので、暴露6に進んでください。
でも東京以外なら、ましてや大都市以外の地方に住んでいるなら、絶対に読んでください。


首都圏と地方では、出会い系での出会い方に大きな違いがあります。

理由は簡単。
首都圏は出会い系を利用している人が多いからです。

実はこれがものすごく大きな違いなんです。

「暴露2:地域別出会い」のところでも書きましたが、地方で出会い系をする人は絶対的に少ないです。
そのため、よくネット上にある「出会い方指南」のやり方をしても、地方ではうまくいきません。

では、何が違うのか?
順に見ていきましょう。


暴露5 実録! 地方の出会い  目次(各ページへ飛びます)


ポイント1 そもそも女性がいるか?

ポイント2 地方のサクラの見抜き方

 ■ 作戦1 サクラの極端に少ないサイトを使う

 ■ 作戦2 首都圏で登録してしまう

ポイント3 地方の人が選ぶべきサイト




これぞまさに地方のむなしいところですが、そもそもサイトに女性がいないことがあります。
サクラしかいない…ではなく、本当にいないんです。

優良サイトだと、ほとんどサクラがいません。
それがいいのか悪いのか、場合によっては女性がゼロということもあります(苦笑)

ある有名サイトを使っていたときですが、ある県での1ヶ月の女性の書き込みはわずか7名でした。
ちなみに男性はというと、余裕で100人近くいました。
100人が7人に集中してメールをしている…気持ち悪いですよね。

女性からしてみても、同じ人から何回もメールが来たりするので、嫌になってすぐに退会します。
ますます女性が減っていく…。

笑い話のようですが、これは現実です。

このサイトは優良無料サイトでトップ10に入る評判のサイトでした。
他にも無数に試してみましたが、大手の出会い系サイトでも地方だと本当に少ないです。

ただし、サクラだけはどの地域もちゃんといます。
おかげでサクラがいないサイトもよく分かりましたが(笑)

つまり、地方でやたら登録者が多いサイトは、それだけサクラを用意しているということですね。
逆に地方がガラガラなら、サクラは少ないと思って大丈夫です。

…でも、これだとやっぱり地方では出会えません。

これが首都圏だと、優良サイトさえ使っていれば、女性はかなりの数がいます。
テクニックがなくても、大量にメールを送っていれば誰かはヒットします。
「最初は30人~50人にファーストメールを送る」という指南サイトもよく見かけますが、これは首都圏だからできることです。
地方にはそもそも30人も送る相手がいませんから(苦笑)

なので、まずは女性が実際にいるサイトを選ぶことが重要になってきます。





これは、首都圏とは全く違います。
地方の場合は簡単。

・・・ほぼ全員サクラです(笑)

悲しいですが、これが現実です。
よく出会い系攻略サイトで「いかにサクラを見抜くかが大事」みたいなことを書いていますが、あれは首都圏に住む人の発想です。

ネット上でサクラ情報などと言って、「○○はサクラだから注意しましょう」なんてやり取りしていますよね?
気持ちは分かりますが、あんなことする必要すらありません。
くどいようですが、どうせほとんどサクラなんですから。

首都圏だと、サクラが100人いても本物も100人いるので、出会える確率は結構あります。
地方だと、サクラが100人いても本物は5人くらいしかいないので、確率なんて5%もありません。
消費税以下の確率に賭けますか?

ではどうするかと言えば、対策は2つあります。

(1)サクラの極端に少ないサイトを使う
(2)首都圏で登録してしまう

では、順に見ていきましょう。




サクラの極端に少ない優良サイトは確かに存在します。

しかし、これは上でも少し書きましたが、そういうサイトだと女性会員はほとんどいなくなります。
そこそこ多いところで1ヶ月に10人くらい。
少ないところだと1ヶ月に1人いるかいないか…。

その中から選んでメールするわけです。他の多くの男性と一緒に。
…返事がくるはずありませんよね。

ですが、かつてこういうサイトで出会えたこともあります。
そのときはサイトが閉鎖寸前で、サクラ以外の新規登録者がほとんどいない状態でした。
なので、男性会員自体もほとんどいなくなっていました。
もちろん私もほとんど使っていませんでした。

そういう状態で偶然登録した女性がいて、そこへ私も偶然メールを送ったわけですね。
(後で聞いたら、それでも他に何通も来ていたらしいですが)

これなどは、かなりタイミングがよかったケースです。
しかもハイレベルな女性だった…という、ありえない偶然が重なりすぎた例なので、参考にはなりません。
しかも、その少し後にはサイトが本当に閉鎖してしまいました(笑)

こういった閉鎖寸前サイトを狙うのはさすがに難しいので、普通は地方でも人数のいる超有名サイトを使うのが無難です。
こちらの本当に出会えるおススメサイトに情報がまとめてあるので、よかったら参考にどうぞ。
(地方の登録者数についてもふれています)




これが無難な作戦です。
というのは、実際そうやって登録している人が非常に多くいるからです。

実際会うことになったりしても、デートは地方でなく都市部に出かけてしますよね。
それに地元で会うと、友達と出くわすなどいろいろと人目も気になります。

そういうのもあって、みんな地方では登録しないんですね。

なので、首都圏や大阪、名古屋、札幌、福岡…などの大都市のある地域で登録するほうが無難です。

ただ、そのままだとウソをついていることになってしまいます。
なので、知り合って最初のうちにちゃんと説明したほうがよいでしょう。

もしくは、思い切ってちゃんと「本当は○○県です。近いのでこちらに登録しました」などと書いてしまうのもありです。
こうすると、同じように別の県で登録している人と出会える可能性もあります。

ただ、本来の県で登録している人も結構います。
そういう人の中に自分の運命の相手がいるかもしれない…と不安な人は、思い切って両方に登録するのもありです。
別のアドレスを使って登録するわけですね。

県別で分けているサイトは他の県には出入りできません。
なので、メールがかぶったりする心配もありません。
ただ、こういった別の県で二重登録している男性は結構いるので、お互い気づいて嫌な思いをする可能性があることを伝えておきます。
男性はそれくらい必死で多くの女性に声をかけているものだということを、女性の方は知っておいたほうがよいと思います。
(イコール、そういう男性はすぐに別の女性と浮気するということです)


こうやって書いてきましたが、「大都市からも遠いんだけど…」という人もいると思います。
正直に言うと、そういう人はかなり厳しいです。
出会えたとしても、その相手が好みに合う可能性はさらに低いので、出会い系はやめたほうがよいかもしれません。

ただ、遊びの関係はともかく、ネット上なので多少離れていても恋愛は成立します。
こういう場合は、県別ではなく地域別(関東、中部、近畿…)で分かれているサイトを選ぶとよいでしょう。
これだと対象が広がるので、はじめから近くの相手が期待できない地方の人に向いています。
それに本当の運命の相手が見つかれば、お互い距離なんて気にならないはずですから。

マジメな恋愛、応援しています。
頑張ってくださいね。





これは言うまでもなく、とにかく登録者数が多いところです。
しかも、自分の住んでいる地域が多くないと意味がありません。

が、困ったことに「○○地方に強い!」などというふれこみはほぼウソです。
ネットですから、地域ごとに絞り込んで会員を集めるのはほぼ無理です。
やればできても、労力が大きいのでサイト側にメリットがないんですね。

地方の人で、しかも無料で出会おうと思うとかなりの労力がいります。
というのは、無料サイトはもともと女性会員数が少なめなので、ますます見当たらなくなるからです。
女性にしてみればどっちみち無料ですから、有料サイトに登録した方が安心なのは当然です。

効率や確実性を求めるなら、有料の優良サイトを使ったほうがよいでしょう。
特に出会い系が初めてという男性は、推薦サイトの中でも、とにかく有名で大きなところからスタートした方がよいでしょう。

とはいえ、無料サイトでは絶対に出会えないと言うつもりはありません。
有料サイトは人数が多いだけで、実際に出会えるかどうかはまた別の問題です。
どちらにしても、数少ない「選ばれる人間」になれれば、ライバルが何人いても構いません。
やはり「出会い方」も重要になってきます。


なお、女性の場合は(男性はどこでもあぶれているので)そんなに気にしなくても出会えます。
ただし地方の無料サイトだと、その分飢えた男性も多くなります(笑)
見る目が問われるわけですね。
その点に自信がある方なら、あえて挑戦するのもよいと思います。
女性のライバルが少ないので、意外に素敵な出会いが待っている可能性もありますから。



いきなり結論から言いましょう。

「有名な優良サイト以外、すべて有害サイトです」

この事実をちゃんと受け入れないと、いつまでたってもサクラに騙され続ける羽目になります。

「この女性はサクラか?」
「どこそこのサイトにいた○○が、他のサイトにもいた。あいつはサクラだ!」

なんて情報をやりとりしているサイトがありますが、無駄な労力です。

今まで見たことのないサイトに挑戦してみたい気持ちは分かります。
私も何度も挑戦しました(苦笑)
が、結論から言うと99%が有害サイトでした。

これはよく考えると当たり前のことです。
日本にいる人間の数、特に出会い系をやる女性の数となると、かなり限られてきます。
それらの人たちが優良サイトに申し込めば、他のサイトに行く必要はありません。

男性と違って女性は複数のサイトを使って同時に何人も探すような人は少ないです。
気に入ったサイトがいくつかあれば十分なんですね。

新たに見つけた怪しいサイトでもらったメールがサクラかどうか疑う暇があったら、
ちゃんと出会えるサイトで出会ったほうがよいです。

とはいえ、怪しいサイトを優良サイトとして紹介するところが後を絶ちません。
本当にこの腹立たしい現状を何とかしたい…と思っています。
(そのためにも、ランキングのクリックに協力してもらえると嬉しいです)

そのため、有害サイトやサクラを見抜く方法を紹介しておくのも意味があるでしょう。
参考にしてください。

ただ、繰り返しますがほとんどのサイトが「有害サイト」です。
ここで紹介する推薦サイト以外は使わないくらいの気持ちでいたほうが、
結果的に早く、しかもよい出会いができるはずです。


暴露6 有害サイトの見抜き方  目次(各ページへ飛びます)

サクラの見抜き方 その1 メールで見抜く

サクラの見抜き方 その2 プロフィールで見抜く

サクラの見抜き方 その3 会話のつながりで見抜く

サクラの見抜き方 その4 会話で見抜くテクニック

サクラの見抜き方 その5 キャッシュバックサイトはやめる

有害サイトの見抜き方 その1 規約で見抜く

有害サイトの見抜き方 その2 複数の女性からメールが来る

有害サイトの見抜き方 その3 二重登録してみる


サクラはどれだけ優良なサイトにもいます。それが当たり前だと思ってください。

見抜く際のポイントをざっと書いていきます。
主に男性向けの女性サクラ対策ですが、女性にも通じるところは多いです。


【メールで見抜く】

1.他の出会いサイトに誘導する。

「前に悪用されたことがあるから、○○というサイトに写真を載せています」などですね。
他のサイトに誘導するのは100%サクラです。
しかも誘導した先が悪徳サイトですから、さらなる被害を生みます。
何があっても他のサイトには登録しないようにしましょう。


2.初回からやたらと淫乱なメールを送ってくる

「私、ムラムラして…」「今、裸なの…」「セックスしたいよー」とかですね。
即会い希望の女性ならありえると思いますか?
何回かやりとりするうちに…でも怪しいですが、いきなりなら100%サクラです。


3.メールアドレスを知らせてくる

こちらからメールしていないのに、向こうからいきなりアドレスつきで来るメールは99%サクラです。
そんな無謀なこと、普通はしません。
「ここのサイト重いから直接やりとりしたい」とか「プロフを見てピンと来た」とか書いていますが、サイトが軽くても、プロフが初期設定のままでも送ってきます。
ちなみにプログラムだといつも同じ文章なので気づきやすいですが、本物のサクラだとプロフを見てから送ってくるケースもあります。

なお、こちらから1回メールを送っただけで来た返事にいきなりアドレスがついてくるのもサクラです。
これは「返事が来た相手にだけアドレスを知らせる」というプログラムです。
サクラからしたら、その方が効率がいいですよね?
細かいことは考えずに、相手にしないようにしましょう。


4.会えそうな雰囲気をにおわせてくる

普通の女性は、早めに会いたいと思っていても最初は隠します。
が、サクラはそれを前面に出してきます。
すると男性は「この人なら会えそう」と思って釣られるわけです(苦笑)

特に無料ポイントを使ってやっている場合、ポイントが切れそうになると会いたいとか言ってきます。
実は向こうからはあなたの残りポイント数が把握されています。
ポイント数をコントロールして、なくなる間際に会おうと言ってくるわけですね。
そしてポイントを購入すると、どこで会うかなどの話が進んでいくわけですが、いざその日になると急な都合で延期になるわけです。
後はこの繰り返しで、アリ地獄です。

はじまったばかりのメールで、女性から積極的に会いたいと言ってくるのは怪しいと思ってください。
ちなみに、何回かやりとりしても女性から誘われる可能性は低く、基本は男性からアプローチするものです。


5.逆援希望

「お金を払うので会ってください」「私と愛人契約しませんか?」というパターンですね。
言うまでもなく、そんなおいしい話はありえません。

かなりかわいい写真を載せてメールしてきたりもしますが、「そんなにかわいければ逆に愛人になれるだろう」とつっこみたくなるくらいです。
逆に、ものすごくひどい写真を載せているケースはほとんどないです。
だって、それじゃ男性がメールしませんもんね?
まぁ、載せていてもサクラですが…。

たまに「逆援専門サイト」なんてありますが、確実に有害サイトです。
本当に逆援したいセレブな奥様は、そんないかがわしいサイトなんか使わなくても、ちゃんとイケメンを紹介してくれるところがあります(苦笑)


おまけ 慣れた感じで料金設定してくる

「ゴムなし、ホ別で3万円」とかですね。
これはほぼ本物の援助希望です。が、法律違反です。
相手から誘われようが、見つかるとあなたも一緒に罰せられます。
また、ごくまれにどこかの風俗店の客引きの場合もあります。

これは喜んで応じる男性もいることでしょうが…
ちゃんとした出会いを求めているなら、スルーしましょう。
このサイトではそういう人を応援していますので。





【プロフィールで見抜く】
1.性癖が書いてある

女性は相手とコミュニケーションがとれてきたりしない限り、性癖は明かしません。
「ちょっとM」くらいはありえますが、どんな体位が好きとか、どこでするのが好きとか書いてあるのはサクラです。
要は男性が興奮するほうが引っかかるので、興奮するものは避ければいいということです(笑)


2.写真がやたらかわいい

これは確実にサクラです。
もちろん現実にかわいい子が写真を載せていることはありますが、そんな子からメールが来ることはありません。
なぜなら、かわいい写真を載せると、男性からのメールで受信箱がすごい勢いで埋まっていくからです。
その状態で、わざわざ自分からメールを送ろうとは考えませんよね。

どのくらいメールが来るか?
もちろんサイトにもよりますが、1日30通くらいは軽く来ます。
更新してなくても、次から次へと延々と送られてきます…。
(自分で実験しておきながらびっくりしました)

ついでに言っておくと、写真がやたらエロいのは100%サクラです。
こんな写真にひっかかる男がいるのか?、と疑いますが、きっといるからやっているんでしょうね。


3.メールは届くけど、検索で見つからない

サクラのよくあるパターンです。
届いたメールを読んで、プロフも写真も見れるのに、改めて検索をかけるといないんです。
それもそのはず。
実際に住んでいる住所違うところにもメールするわけですから、1箇所になんて登録できません。
東京あたりに1つ掲載してあるか、またはサクラ専用で全く掲載していないかのどちらかです。

ちなみに業者に問い合わせてもムダです。
「本人の依頼で検索にはかからないようにしています」なんて言われるだけですから。





【会話がつながらない】

やりとりが成立しないのはもちろん、突然キャラクターが変わったり、自分の名前を間違えたりもします。
「間違えてますよ」なんてつっこむとメールが来なくなるので、サクラだとすぐに判明します。

…ついでに「サクラなんかやめましょう」と説得しますが、まぁ大概聞く耳もたれません(苦笑)

プログラムの場合だと、質問のメールを送ったのに完全に無視して関係ない返事が返ってきたりします。
「ちょっと聞いて! 今ねそこでこんなことがあって…」みたいに、女の子特有の「今までの話の流れを無視して、今あったことを話しまくるモード」で攻めてきます。
これだと本物の可能性もあるのでちゃんと話を聞いていると、ついついそのまま騙されてしまうというわけですね。
敵ながら、なかなかうまい攻め方だと思いますよ(笑)

さらに本物のサクラの場合は、ちゃんと質問に答えてくれたりもします。
そうすると会話が成立する上に「疑ってるの? ひどい…」なんてことまで言われ、ますます心がひかれて泥沼にはまっていきます。


でも、この「会話がつながらない」のが一番確実に見抜ける方法です。
それではどんな方法で見抜くか?

1つ目は天気です。

「今日は天気予報は晴れだと言っていたのに、雨がふってるよね。濡れちゃったよ」
なんていう感じです。

相手は近くの人間だと偽っていますが、実際は違うところにいるので天気が分かりません。
「そうだね」なんて返ってきたらサクラ決定です。

でも、これには返し技があります。(書いていいのか?)

「えっ、こっちは降ってないよ。これから降るのかな?」

こんな感じです。

これだと肯定も否定もしていません。
いくら近くに住んでいるとはいえ、100m先というわけではないですから、向こうの正確な天気はこちらにも分かりません。
こう返されたら、たぶんこちらが信じてしまうでしょう。
ミイラとりがミイラになるってやつですね(苦笑)

相手は業者がバックにいますから、マニュアルなどでかなり研究しています。
こう来られたらさらに裏をかくわけですが…キリがないので今ここに書くのはやめておきましょう。

2つ目の方法を紹介します。





2つ目は地元しか知らないネタを振ることです。

このサイトを作るちょっと前に、本物のサクラに遭遇しました。
そんなに怪しくないと評判のサイトだったのですが、実際は明らかなサクラがほとんどだったので、「やっぱり世間の情報はアテにならないか…」とガッカリしていました。
ただ、1人だけやたら会話がつながる女性がいました。
本物のサクラだったわけですね。

でも相手は「疑ってるの? 私は違うよ」みたいなことを言うわけですね。
実際その子は何のミスもしていなかったので、ボロを出させるまで続けていたわけです。
もちろん無料ポイントが切れるまでですが(笑)

これは、そのとき使った方法です。
相手が「今駅前にいるから、これから会おうよ。ホテルに行きたいな」という感じのことを書いてきました。
(この時点ですでにサクラ確定なのですが…苦笑)

そこでこんな返事をしました。
「じゃ、インターの近くのSホテルで会おうよ。よかったら駅まで迎えに行くよ」

すると相手からは
「Sホテルなんてないよ? どこのこと言ってるの?」

この返事には少し驚きました。
たぶんその場でネットで調べたんでしょうね。仕事熱心だ…。

ただ、残念ながらこの時点でアウト。トドメを刺すのも面倒なので、そのままスルーして終わりました。

実はそのあたりはインターにしては珍しく、ホテルが1つしかなかったんです。
すごく目立ちます(というか、1件だけドーンと立っている)から、知らないなんてこともありえません。
しかもそのホテルのイニシャルがS。
これ、地元の人なら確実に「○○ホテルのこと?」と聞いてきますし、名前を知らなければ「あのホテルのこと?」って聞いてきます。

こんな感じです。

ここまで趣向を凝らさなくても、地元の人しか知らない情報を使えばすぐに分かりますよ。

「駅前ってローソンの近く?」と聞きながら、実際はセブンイレブンしかなかったり。
あとはいくらでも応用がきくと思うので、試してみてください。


まぁ、こんな面倒なことするくらいなら、はじめからおススメしている安全なサイトに行った方が早いと思いますが(笑)




最強のサクラを知っていますか?
サクラの中で最も手ごわいタイプが「キャッシュバッカー」です。

最近、お小遣いサイトが流行っていますね。
これは広告を読んだり、資料請求したり、無料登録したりすることでポイントを稼ぐというものです。
実は、その中には「出会い系サイトに登録する」ことでポイントがもらえるものもあるんですね。
おそらくそういうサイトはポイントで客を増やしたいのでしょうが、これはポイントでサクラを増やすことにしかなっていません。
サイト側に悪意があるのかどうかは分かりませんが、やっていることはサクラ捏造と同じです。

キャッシュバッカーにはもう1タイプあります。
こちらは登録した後に、男性とメールを送ったり写真を交換したりすることでポイントがもらえるというキャッシュバックシステムを利用しています。
多くの男性にメールを送って、たくさんやりとりするほど儲かるわけですね。
1ヶ月で10万円くらい稼ぐこともできるので、お小遣い稼ぎにはちょうどいいわけです。
(もちろん騙されるほうはたまったものではありませんが)

このキャッシュバッカーですが、ここまでは普通のサクラと変わりません。
何が違うかというと、彼女たちの中には「できれば本当に出会いたい」と思っている人が多いんです。

サクラの目的は「お金:出会い=100:0」です。
キャッシュバッカーたちは、「お金:出会い=50:50」とかだったりするわけです。
もちろんお小遣い目当ての80:20の人もいれば、逆に出会い重視の人もいたりします。
どちらにせよ、サクラと違って「あわよくばいい出会いを…」と思っているので、そのやり取りは本当に出会いたい人と代わりがないわけですね。

基本的に最初のうちはその気でメールして、「この人はナシだな」と思うとサクラモードに移行するわけです。
実在する、しかも本当に出会いを探している人たちなわけですから、これは非常に厄介です。

では、こうした最強のサクラから逃れるにはどうすればよいか?
方法は1つしかありません。

それは、キャッシュバックを行っているサイトを使わないということです。

このサイトではキャッシュバックを行っていると判明したサイトは、おススメサイトからはずしています。
キャッシュバッカーは100%出会えないわけではないので、あえてそういう女性を狙うという人はそれで構わないと思います。
が、やはりお小遣いに目がくらんでサクラ行為をするような女性はやめたほうがよいと思います。
「良心」「モラル」・・・そういった大事な何かが欠けているということですから。



【規約で見抜く】

悪質サイトといえども、最終的には何らかの証拠のようなものがいります。
そのときのために、普通の人は読まない「利用規約」に前もって注意書きがしてあることがほとんどです。

まずは利用規約を見てみます。
入会前はかなり見つけないくい場所にあります。
場合によっては設置していない悪質なところもありますので、そういうところはすぐに却下です。
入会してしまった人も、今から確認しましょう。

よくあるのが「退会時に○円いただきます」や「ポイントは後払いになります」というものです。

退会時にいくらと書いてあるものが暴露1で紹介した「退会時請求」の手口です。
もちろんすぐに登録はやめましょう。
もう入会してしまったという人は、別にそのまま放置で構いません。
受信拒否にして、2度と使わないようにしましょう。

「後払いなんとか」と書かれているものも暴露1で紹介した「後払い請求」の手口です。
こういうところは「料金を支払わない場合、遅延金として○円発生します」というようなことが書かれています。
1度後払いが発生するとややこしいことになること請け合いなので、絶対に登録しないでくださいね。
とはいえ、仮に発生しても無視すれば大丈夫ですが。

ただし、入会時の規約には書いてなくて、入会後の規約に知らないうちに追加されているパターンもあります。
これは確信犯で悪質です。
なので、入会後も1度規約を見ておくことをおススメします。

…ただ、繰り返しになりますが、新しいサイトははじめから使わないほうが賢明です。




【複数の女性からメールが来る】

ふつう女性から大量のメールが男性に来るということはありません。

登録直後で、いきなり女性から3通以上メールが来たら怪しいと思ってください。
本当は1通でも怪しいくらいですが、中には自分からメールをしてくれる女性もいるので、その1通だけなら信じてもよさそうです。
実際は、別のサイトへの誘導というケースも多いですが(苦笑)

サクラはじゃんじゃんメールを送ってきます。
たくさんの女性から急にメールが山のように来て、なんだかもてる男になった気になります。
無視した女性からも「気に障りましたか?」のような再挑戦メールがきたりします。
優しい人ならつい「そんなことないですよ」なんて返事してしまいそうです(笑)

よりどりみどりの気分で女性にメールするうちに、どんどんポイントを消費させられていきます。
「そんなおいしい思いができるなら、サクラでもいい!」
という人もいるかもしれませんが、相手は女性とは限りませんよ。
プログラム(機械)や男性のこともよくあります。

気をつけましょう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。