出会い系サイトを辛口に比較・評価・レビューし、悪徳サイトを暴きます

出会い系サイト辛口評価・比較・レビューして、悪徳サイトを暴きます!
  本当に出会いたい人のための、利益度外視&超・良心的なサイトです。

  本当に出会えるサイト一覧はこちら


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネット上の情報はウソだらけです。

知っての通り、悪徳サイトは数え切れないほど出現し続けています。
サクラを使って入会者を騙し、お金を絞りとったらサイトを閉鎖して、また新しいサイトを立ち上げます。
有名な雑誌や雑誌に広告を出したり、有名人を使ってそれらしく見せているサイトもたくさんあります。

悪徳サイトの持ち主が作った、悪徳サイトだらけを紹介するレビューサイトやランキングサイトも数多くあります。
「悪徳サイトを暴く」などと言いながら、実は悪徳サイトからお金をもらって悪徳サイトの応援をしているひどいサイトも山ほどあります。

多くの人たちが・・・そしてあなたも知らないうちにカモにされていくのです。
もちろん私も何度も痛い目にあってきました。

あまりのひどい現状に嫌気がさして、ここで真実を伝えることにします。


実は出会い系サイトは、真実を伝えるほど利益が出ないという構造があります。

出会えないサイトほど、あなたたち利用者からたくさんのお金を吸いとり、そのお金を使って広告や宣伝をしています。
悪徳サイトほど高い紹介料をくれますから、「出会えた!」などのウソ情報を使ってカモをおびき寄せ、できるだけたくさん入会させようとします。

ここで私がしていることは正直あまり自分の利益にはなりません。
もっと詳しい理由も、読み進めていけば分かるはずです。

それに、このサイト1つでは真実はわずかな人にしか伝わらないでしょう。
でも、その人たちが救われるなら嬉しいです。


このサイトでは「実際に使ってみて、ここは大丈夫だった」というサイトに限って紹介をしていきます。

出会い系サイトは次々と生まれ、そして消えていきます。
「ここのサイトが詐欺サイトだ!」と騒ぎが起こる頃には、そのサイトはもうなくなっています。
そのため、悪いサイトを挙げていってもキリがありません。

知らないサイトを見抜くためのコツやテクニックも紹介していきます。
業者に騙されないための裏側も紹介していきます。

そして心の準備ができたら「本当に出会えるサイト一覧はこちら」から、自分に合うサイトを探してみてください。
本当に出会える出会い系サイトを使って、素晴らしい体験をしてもらえればと思います。


それでは、はじめていきましょう。


暴露1:完全無料出会い系サイトの裏側へ進む


※当サイトで紹介するサイトは全てが18歳以上対象です。
スポンサーサイト



一般的には「広告収入で運営しています」となっています。

しかし、そんなに広告収入が入ると思いますか?
超有名なサイトならまだしも、聞いたこともないようなサイトが山ほどあります。
どう考えても、そんなにたくさんの広告主はいません。
そもそも普通の企業が出会い系サイトに広告を載せても、大して宣伝効果はありません。

ではどうやって収入を得ているのか?

答えは簡単。登録した人に払ってもらうんです。

無料とうたっている以上、利用するだけで料金が発生すればはっきり違法です。
そのため、いくつか回りくどい方法をとります。
主に完全無料の出会い系サイトについて説明しますが、ついでに有料サイトの裏側も暴いていきます。


暴露1 完全無料出会い系サイトの裏側  目次(各ページへ飛びます)

手口1:サクラ
手口2:同時登録
手口3:同時登録+自動後払い制
手口4:退会不可能
手口5:架空請求
手口6:小額訴訟
手口7:ワンクリック詐欺(ツークリック詐欺)
手口8:スパムメール
手口9:H写真の要求
手口10:純粋な無料サイトのサクラ

直接的ではありませんが、利用者を誘い込むための手口も紹介します。

その他の手口1:虚偽表示
その他の手口2:有名人を利用




出会い系サイトで一番多い手口は“サクラ”です。
サクラとは女性会員のフリをして男性にメールをし、ポイントを使わせる為のオトリです。
男性は本物の女性会員だと思い込み逢いたい一心で利用料をつぎ込むわけですね。
(逆に男のサクラも存在しますので、女性も注意してください)

「ポイントって有料サイトじゃないの?」

はい、そうです。
でもこれが無料サイトにも関係してくるんですね。

ここで念のため、出会い系サイトを料金制度で分けておきます。

1.完全無料
2.ポイント制
3.定額制

大きく分けてこの3つです。
ポイントというのは通常1pt=10円で購入します。
そして、メール1通送るのに5pt必要…などというのがサイトごとに決まっています。
写真を見たり、メールアドレスを相手に送ろうとすると高いポイントがかかったりします。

つまり、ポイント制の有料サイトは使えば使うほどお金が必要なわけですね。

1の完全無料ですが、無料とうたっておきながらそれは年会費やメール受信だけで、メール送信やアドレス交換は有料というところも多いです。
そういうサイトは、よく読むと「無料登録」とだけ書いてあって、利用料については何も書いてないです。(中には規約に無料と書いてあるのに入ってみたら有料というケースもあります)
最初のポイント使用期間だけ無料、というのも普通です。
本当の意味での「完全無料サイト」は非常に少ないです。

3の定額制は携帯やインターネットプロバイダと同じで、例えば月に1000円払うとその期間は使い放題というものです。
なので、サクラを置く意味があまりないわけです。
もちろん、にぎやかしのための放置サクラはたくさん存在しますが、サクラの悪質さから言ったら軽いほうと言えるでしょう。


こうしてみると、いわゆる悪質なサクラはどこに出没するか分かりますね?
そうです、無料サイトとポイント制サイトです。

特にポイント制の出会い系サイトはその仕組み上、どうしてもサクラを用いてしまう運命にあります。
ポイントの購入金額が会社の利益に直結するため、多くの有料ポイントサイトはサクラを使っています。
メールレディとしてアルバイトを雇っている場合もあります。
女性がやっているとは限らず、一生懸命メールをやりとりしていても実は男性だったなんていうひどいケースもあります。
さらには、自動でプログラムされたサクラもいます。(ネット上で販売しています)
プロフや好みをもとに、その人が好きそうなキャラをでっち上げて、メールを自動送信します。
よくできたものだと、こちらの言葉に反応するように作られていたりするから要注意です。
写メール用の画像も、もちろんニセモノです。(ひどいところだと、アイドルプロダクションの写真を横流ししているケースもあります。だからやたらかわいいわけですね)
また、出会い系サイトやお客様の声に使える専用の写真というのは普通に売買されています。
過去に出会い系サイトでサクラ相手に写真を送ったことがあるなら、あなたの写真が使われている可能性も普通にありえます。

しかし、こういったサクラ行為は一概に違法とは言い切れません。
特にはじめから有料ポイントサイトと説明がしてあるサイトだと、あなたが自分の意思でポイントを買った以上、詐欺罪などに問うのはかなり難しいでしょう。
(サクラを見抜く方法については別のページで)

そして、サクラは有料サイトだけで終わらないのが悪徳出会い系サイトのすごいところです。
なんと、無料サイトにもサクラがいるんですね。 (→ 手口10を参照)


対策としては、サクラは相手にしないのが一番です。

「いかにサクラを見抜くか」が、騙されないためだけでなく、本当に出会うためにも大事になってくるので、別のページで細かく扱います。




ほとんどの完全無料サイトでは、有料ポイント制サイトにも勝手に同時登録されます。(一応、登録時の規約には書いてありますが、そんなものは誰も読みません)
そして非常にいやらしいことに、もとの無料サイトと似たメールで有料サイトに誘導されてしまうのです。

「○○さんからメッセージが届いています」

と書いてある少し離れたところに、「このメールは○○からお届けしています」のようにして、聞いたことのない出会い系サイト名が表示されています。(が、普通は気づきません)
知らずにクリックすると、入ってもいないサイトの受信箱につながり、そこには魅惑的な言葉が並んだメールが大量に届いているというわけです。
しかも最初は無料ポイントがついているので、気づかないうちに(つまり無料と思い込んだままで)何度かやりとりをしてしまいます。
そしてポイントが無くなった段階で「追加してください」とくるわけですね。
その頃には相手とかなり話が盛り上がっているので、途中でやめたくなくて、ついポイントを購入してしまうというわけです。
そして、もとの無料サイトはほとんどメールが来ず、そのまま忘れ去られていくわけですね(苦笑)

なお手の込んだサイトだと、無料の方でも何通かメールが来ます。
が、たいていは40歳以上の女性からのメールか、明らかにひどい顔の写真つきメールが届きます。
一方の有料サイトは年齢も色とりどりで、写真もかわいい人ばかり。当然そちらに気を惹かれます。
自然と、もとのサイトなんて立ち寄らなくなります。
ついふらふらとメールをやりとりするうちに、ポイントを購入してしまうというわけです。


「無料ではじめたのに、ポイント制サイトなんて使うわけないじゃん」

そう思うのも無理はありません。
が、それでも使わせてしまうのが悪徳サイトの見事なところです。
具体的な手口はまだ書きませんが、知らなければつい引っかかってしまうような詐欺テクニックが満載です。(そしてそれは進化し続けています)

こういったサイトが無くならないことからも、お金を払っている人がどれだけいるか分かるというものではないでしょうか。


このやり方は利用者の意思を尊重しているので、詐欺とはできない方法です。
要するに、完全無料サイトの90%以上は「無料をエサにして有料サイトへ同時登録させる入口」だということです。

純粋な完全無料サイトもごくわずかに存在しますが、ほぼゼロに近いと思ってもらって構いません。
(具体的なサイト名は別ページで紹介します)


対策として、同時登録は自動でされるので避けることは不可能です。
規約を読むとちゃんと書いてあることが多いので、そういうサイトには登録しないのが無難です。
(もとの無料サイトがフェイクのところが多いです)
または登録後に、同時登録サイトを全て受信拒否にすればOKです。

 



このあたりからは完全な詐欺になってきます。

同時登録した先がポイント制で、100~200pt程度の無料ポイントがついているというのは同じです。
その無料ポイントを使い切ってからの対応が異なります。

ここは無料ポイントを使い切ると、自動でポイントが追加されます。
「自動後払い制」といって、使った分を後で請求されるわけですね。
確認なども一切出ません。が、規約にはちゃんと書いてあります(が、誰も読みません)
つまり、知らないうちに課金されているということです。

そして、利用料の請求メールが来る…というわけですね。
払わなければ損害賠償が生じるとか、裁判所に訴え出るとか、会社に知らせるとか書いてあるので、怖くなって払ってしまうというわけです。
1度払ってしまうと「いいカモを見つけた」とばかりに、2つ目、3つ目の請求が来ることもあります。

これは男性がメインターゲットですが、実は女性も狙われています。
女性はこの手の出会い系の裏事情に非常に疎いので、悪徳業者からすればいいカモなんですね。


対策としては、放置するだけでよいです。
知らないところで課金されてもその契約は法律上成立しないので、安心してください。
アドレスを変えるか、受信拒否にすれば問題なしです。

ただ、どうしても不安ということであれば、消費者センターや警察で相談することをお勧めします。

全国の消費生活センター http://www.kokusen.go.jp/map/index.html
警察庁ハイテク犯罪対策のページ  http://www.npa.go.jp/cyber/
※相談する際は送られてきたメールの内容、ハガキなどを忘れずに

 



退会ができない出会い系サイトが多数あります。
退会フォームがない、連絡をしても返信がない、退会するのに時間がかかるなどです。
退会させない理由は『広告メールが送信できなくなる』『サクラからメールが送れない』といった理由です。メールできなければ、詐欺にもかけようがないですから(苦笑)

ただ、単に退会できないだけなら大して問題はありません。
受信拒否設定だけして、そのまま放置すれば済む話です。
(ただし、スパムメールは覚悟してください)

問題なのは、退会時に料金が発生するサイトです。

違約金という形をとっているところが多く、30000円とか50000円とかを請求されます。
しかし、法律的には何も違約ではありません。


対策としては、これも放置で構いません。
規約に書いてあっても、分かりやすく表示していない時点で向こうに過失があります。
何より、もともと無料とうたっている以上、退会時だけ料金が発生することは認められません。
アドレスを変えるか、受信拒否にすれば問題なしです。

ただ、どうしても不安ということであれば、消費者センターや警察で相談することをお勧めします。
(相談したことを運営者に伝えるだけで、あっさり退会できることもあります)

全国の消費生活センター http://www.kokusen.go.jp/map/index.html
警察庁ハイテク犯罪対策のページ  http://www.npa.go.jp/cyber/
※相談する際は送られてきたメールの内容、ハガキなどを忘れずに

 



架空請求とは、使った覚えのない出会い系サイトの利用料金、アダルトコンテンツの利用料金などがメール、場合によってはハガキなどで届けられる架空の料金請求のことです。

過去に1度もそういったサイトやコンテンツを利用したことがなければ騙されることもないのですが、過去に1度でもアダルトサイト、出会い系サイトを利用したことがあれば「ひょっとしてあの時…」なんてことにもなります。
そのため、無差別に送られてくるケースもあります。
もちろん無料サイトに登録後、それをもとにして送りつけてくるという手法もあります。
その方が確実ですよね?

サイトの運営業者とは別の業者が取立てを行い「債務(借金)を正当に譲渡された者で、債権譲渡通知書も送り、再三再四連絡を取っているがあなたからの入金が確認できない。一日も早く支払いなさい」といった内容で通知してきて、あたかも自分には正当な権利があるように言ってきます。

1度でも支払うとカモリストに登録され、脅迫電話や追加料金などの請求が際限なく続きます。
このリストはたらいまわしにされ、しばらく後で他の業者からも請求が来たりします。


対策は、ひたすら無視することです。
1度でもメールに返信すると「狙いやすい」と思われて、次々メールがきます。
自宅や勤務先などの個人情報を聞き出されたりして、ややこしいことになります。
たまにいきなり電話がかかってくることもありますが、毅然と拒否してください。

「会社に知らせる」だの「遅延金でさらに高くなる」だの言ってきますが、全て無視しましょう。
あなたがうっかり話さない限り、会社の連絡先は知りません。
もし知りえたとしても、会社にかけて問題が公になれば困るのは詐欺行為をしている向こうです。

万一、何度か返信してしまったなら、アドレスを変えるか受信拒否にしましょう。
仮に「過去に使った覚えがある」としても、あくまで知らないうちにですから、向こうがそれで料金を請求する権利は基本的にありません。

ただ、どうしても不安ということであれば、消費者センターや警察で相談することをお勧めします。

全国の消費生活センター http://www.kokusen.go.jp/map/index.html
警察庁ハイテク犯罪対策のページ  http://www.npa.go.jp/cyber/
※相談する際は送られてきたメールの内容、ハガキなどを忘れずに



これは架空請求の進化型です。
少額訴訟とは、請求する金額が30万円以下の場合に使える制度で、訴訟費用は数千円、時間もわずか1日で終わって判決が出されるという便利なものです。

これがどう悪用されるかといえば、実は当日の審理が出頭した人だけで行われるんですね。
なので、架空請求のように放置しておくとそのまま相手の言い分どおりに判決が出てしまうというわけです。
しかも控訴ができません。
ほとんどの手口は放置すれば大丈夫ですが、これだけは放置してはいけません。

小額訴訟は裁判所から直接書類が届きますので(その時点でかなり驚きますが)、その場合は心当たりがなくても指定された日に裁判所に出頭しましょう。
悪徳業者が裁判所をわざと遠方に設定してある場合もあるので、その場合は近くの裁判所に「移送」を求めましょう。
詳しくは弁護士などの専門家に相談したり、警察に連絡しましょうね。

とはいえ、違法悪徳業者が使えば当然自分が捕まってしまいます。
そのため、相手を絞って狙いをつけて実行してきます。
普通に生活をしている分にはよほど大丈夫ですが、万一の場合に備えて頭の片隅に入れておいてください。

 



どこかのサイトに誘導されて、クリックしたとたんに料金が発生するというタイプのものです。
一時期アダルトサイトでよくありましたが、法律でしっかり規制されたので最近はあまり見かけません。

そこで悪徳業者はさらに進化させたツークリック詐欺を行っています。
ポップアップなどを使って2回クリックさせるわけですね。

最近は知らないサイトに接続するたびにブラウザが「接続していいか」を聞いてくるので、ポップアップなどが出ても反射的によく読まないでクリックしてしまいがちです。
「きちんと改めて意思表示を確認しているので有効だ」というのが向こうの言い分ですね。

まぁ実際は相手に悪意があるのがありありなので、民法の錯誤による無効が適用されます。
そのため、ワンクリックだろうがツークリックだろうが、放置しておけば大丈夫です。

 



スパムメールはかなり迷惑ですが、中身を読んでクリックさえしなければ害はありません。

まず、サイトそのものへ誘導するためのスパムメールがあります。
携帯などに毎日のように届くあれですね。
あれはこれまでに出会い系などを全く使ったことがなくても、アドレスをランダムで発生させてメールを送っているので届いてしまうわけです。
受信拒否をしても、アドレスを変えて送ってくるのでムダなことも多いです。
非常に迷惑ですよね。

本来は「※未承諾広告」というフレーズをつけなければいけないのですが、悪徳業者がそんなルールを守るわけありません(苦笑)
自分宛のメールかと思ってつい開くと、そこにはいやらしい画像や文章が大量にあり、ついついクリックしてしまった…というのがよくあるパターンです。
これは、クリックした途端にあなたの情報が相手に知られてしまいます。
これによって、さらにたくさんのスパムメールが届くことになります。

また、悪質な出会い系に登録した後、それに気づいて利用をやめたとします。
しかし、あなたのアドレスは転売されることになります。
そして、しばらくしてから全然知らないところから大量のスパムメールが届いたりするわけですね。

スパムメールを完全に防ぐのは不可能です。
ですので、怪しいメールは開かないようにするクセをつけましょう。
(ウイルスの場合もありますから)



ワイセツ画像(写真)を求めてくるサクラがいます。
送る方もどうかと思いますが、よくある手口です。  

手口のパターンとしては、女性とメールのやり取りをしてると、女性側から『お互いの性器』の写真を交換しようと持ちかけれらます。 
あなたの写真を送信してくれたら、今後は私の写真を送ると言われ、自分の下半身の写真を撮影してメールで送信するとどうなるか?
(先に向こうから写真を送ってきて、安心させてくるケースもあります)

しばらくくするとサイトが使用できなくなり、サイト運営者から連絡が入ります。
「あなたがワイセツな写真を送信したことでスポンサーから苦情が入り、運営が困難になっている」などです。
そして「損害賠償金として○○円支払ってください、あなたの行為は法律にも触れます」など、料金を請求されます。
写真送信から料金請求までが非常にスピーディであることからサクラとサイト運営者は同じ関係者で、これは組み込まれた仕組みと判断できます。
この場合も他と同様、無視するのが一番です。
(…が、あなたの写真はどこでどう利用されるかは知りません)

また、悪徳サイトではなく個人で仕掛けてくるケースもあります。
実際にあった事件では、中年男性が女子中学生のふりをして、女子中学生にHな写真を送り、代わりに相手にもHな写真を送ってもらったというものです。
脅迫されたが、女子中学生が怖くなって警察に通報して相手は捕まりました。
他にも、写真をネタに脅迫されてセックスを強要されたというケースもあります。

こういう話を聞くと、未成年だろうがちゃんと教えるべきことは教えるべきだと思います。
何でもかんでも18歳未満で情報を規制するのはどうなんでしょう?
サイトの入口で年齢認証というのも「形だけ守らせておけばいい」というのが見え見えで、社会の汚さというかズルさのようなものしか感じません。
正直、年齢認証ページくらいで立ち去る18歳未満なんていませんし(苦笑)
このホームページでも、学校なんかとは違った生きた知識を学んでくれれば嬉しいです。

とにかく、下半身の写真を送信してと頼まれても相手にしないようにしましょう。

 




「無料サイトから同時登録で有料サイトに誘導し、サクラで稼ぐ」

これが基本形だと言いました。

しかし、最近は無料サイトを使ったもう1つの形が一般化してきています。
それは「完全無料サイトを立ち上げて、そこから有料サイトへ誘導する」というやり方です。

完全無料サイトだと、使うほうは安心しますよね。
実際、そのサイトは完全に無料で使えて、たくさんの書き込みでにぎわっているように見えます。

…が、それは見せかけです。
今はどこの出会い系サイトも入会者(特に女性)が少なくて、新規入会者獲得に必死になっています。
そんな状況の中で1日何百人もの女性の書き込みがあるサイトなんて、本当に限られた超有名サイトだけです。

つまり普通以下のサイトの書き込みは、全てサイト側で用意したサクラというわけですね。
そもそも検索にすら引っかからないサイトもたくさんあります。
見つけることさえできないのに、会員が増えるはずがありませんよね?
なので、増えるのは男性ばかりになります。

また、仮に女性が入会しても、男性とはメールが通じない仕組みになっています。
サイトからすれば、女性には男性サクラが対応してお金を落としてもらいたいですから、サクラ以外の人間とやりとりさせるメリットはないわけですね。
これではどうしたところで出会えません。
だから「出会えない系サイト」なんて呼ばれてたりもします。

もちろんメールすると返事が来ますが、相手はサクラだから当たり前です。
そしてつい「メッセージを読む」をクリックしただけで、あっという間に有料ポイント制の姉妹サイトへ誘導される…という仕組みです。
この段階でいきなり料金が発生するのが「ワンクリック詐欺」ですが、これだと確実に違法なので、最近はいきなり料金を発生させるのではなく、あくまでもサクラとやりとりさせてポイントにお金を使わせようとしてくるスタイルが多いです。
そのため、より摘発されにくい状況になっています。
こういうサイトはメールのやりとりは楽しめますが、永遠に会えません。

こういった呼び込み目的の完全無料出会えないサイトは大量に存在します。
無料だからと言って安心し、巧妙な誘導に引っかかってしまう男性が後を絶たないわけですね。
「俺は絶対にポイントサイトには誘導されないから大丈夫」という人はそれで構いませんが、どちらにせよ本物がいないことには変わりがないわけですから、時間の無駄を避けるためにもやめましょう。





これは単純にトップページの写真や、ログイン中の写真、お試し検索で出てくる掲示板の書き込みなどです。
優良な無料サイトならともなく、普通の無料サイトはほとんどサクラです。
実際にログインしてからメールを送っても、もちろん返事が返ってきません。

マメなサイトだと、サクラを毎日更新しています。
キャッシュバックサイトなどの影響で、サクラのつもりでないサクラ書き込みが急増しています。
(このあたりの詳細は別のページで)

とにかく、お試し検索でたくさんヒットしたからといって、その人たちが本当にいるとは期待しないことです。


2.サイトが活発に動いていると思わせるためのサクラ

登録して全くメールが来ないと、そこはもう使わなくなりますよね?
まぁ、通常男性から女性にメールしても返ってこないのは普通なのですが、それでも反応がないと「本当はここはいないんじゃないか?」と不安になってやめてしまいます。

でも、何通かメールが来れば「ここはたくさんいる!」と思って、俄然やる気が出てきます。

その効果を狙って、最初に自動的にメールが配信されるシステムのところがあります。
もちろん返事をしても何も返ってきません。
…というか、正確には返事を書かずにスルーしたくなるようなメールが来ます(笑)

ただ、これで女性がたくさんいると思い込むので、その後もそのサイトで活動を続けます。
本物も何人かいるので、そこで実際に出会える人も出てくるわけです。
すると「どこそこは出会える」という、よい噂が流れるわけですね。


3.他の業者

直接そのサイトのサクラではありませんが、別の出会い系サイト(もしくはアダルトサイト)のサクラが自分のサイトに誘導するために登録している場合があります。
その場合は、だいたいすぐに誘導先のアドレスを送ってくるので、すぐに分かります。
つい行ってみたらアダルト画像満載で、気づいたらワンクリック詐欺に引っかかっていたなんてケースもあります。
こういう業者がいなくならないことから見ても、それだけ騙されてお金を払う人がいるということです。




出会い系サイトに登録させるために、悪徳サイトほどいろいろな手を使ってきます。

最近よく見かけるのが、「当サイトはGoogle、Yahoo!で検索結果が1位です。検索エンジンの表示順はユーザーの投票によるもので当サイトは信頼されています」というものです。
インターネットの検索エンジン(MSN、グーグル、ヤフー)などの仕組みを知らない初心者の方は検索エンジンの順位で惑わされるかもしれません。

が、これはもちろんウソです。
(ある程度ネットの知識があれば当たり前のことですが、意外と知らない人が多いですよね?)

実は、検索エンジンの1番上に表示されるのは「広告」です。
スポンサーサイトなどと書かれていますが、あれはお金を払えば誰でも表示させられます。
しかも、高くても数百円(厳密には、表示させるだけなら0円)なので、別に良質なサイトでも何でもありません。

中には広告でない場所で上位表示されていることもありますが、これも別に良質とは関係ありません。
SEOといって、上位表示させるための技術を駆使すれば難しいことではないからです。
これもお金さえかければ、上位に表示されます。
こういうところはまさに世の中、金です(苦笑)
そして、悪徳業者だからこそ、騙し取ったお金が豊富にあるわけですね。



最近、有名人を利用するサイトが増えてきました。
が、これはサイトが良質かどうかとは全く関係ありません。

「有名人が出ていると信頼度がある」などと言って紹介しているサイトもよくあります。
しかし、ちょっと前に有名人が宣伝していた、詐欺で捕まった会社がありますよね?
有名人も仕事ですから、出演料さえもらえれば出ます。

「もし悪質サイトだと有名人の評判が下がるから、そんなところに有名人は出ないはずだ」と思う人もいます。

しかし、たとえそのサイトが悪質でも、別に有名人の評判が落ちるわけではありませんよね。
「そんな会社とは全然知りませんでした」と言えば終了です。
実際、上に書いた事件では、その有名人は捕まっていなければ、評判を落としてもいません。

そのため、良質かどうか以前に、信頼できるかどうかすらもアテにはなりません。


せっかくなので、もう少しよく考えてみてください。

有名人を使うということは、それだけ儲けているということです。
どこでそんなに儲けているのか?
結婚紹介などの高額有料サイトならともかく、完全無料サイトならかなり怪しいです。
当然、裏で同時登録などを行っていると思うべきです。

何より、本当によいサイトなら儲けはサイト利用者に還元しますよね。
実際、そういう良心的なサイトも存在します。

騙されないようにしましょう。



もちろん知っているとは思いますが、そもそも男女比自体がウソです。
男:女=4:6なんて、現実にはありえません。

厳しい人数制限をして5:5に近い状態を保っているサイトはありますが、それでもやっぱり男性の方が多いです。
普通のサイトは8:2から9:1くらいだと思っていてください。
(もちろん、完全無料をうたった悪徳サイトなら10:0です)

これは当然のことですから、このくらいにしておきます。

それよりも、ここで知ってほしいのは地域別の人数もウソが多いということです。

それではいきましょう。


暴露2:地域別出会いの裏側  目次(各ページへ飛びます)

ポイント1 地域別の人数はアテにならない
ポイント2 細かい地域別出会いはサクラ天国
ポイント3 地域別で登録者が違う仕組み



よく、北海道、東北、関東・・・のように、地域ごとで人数や男女比などを掲載しているサイトがありますね?
あれ、はっきり言ってアテになりません。

東京を中心とした関東首都圏の人口はどれだけか知っていますか?
余裕で1000万人を超えます。
しかも、地方と違って若い世代が中心です。
つまり、それだけ出会い系を使う人口も多いということです。

かたや地方は悲惨です。
人口は少ない、高齢化は進む、出会い系に拒絶反応がある(特に女性)という悪条件が重なって、出会い系を使う人口自体が少ないのです。

大阪、名古屋、札幌などの地方中枢都市はいいです。
関東首都圏と比べれば5分の1以下ですが、それでもマシです。

しかし、それ以外の地方都市では100分の1と言っても言い過ぎでないくらいです。
本当に少ないです。

「地方に住んでいるけど、結構サイトに書き込みありますよ?」

という人もいますね?
残念ですが、それはサクラです。

地方の人数は、実はサクラで水増しされてるだけなんですね。


そのため、ネット上の“出会い系攻略サイト”なんかにあるやり方は、地方だと通用しません。

そういうところには体験談がありますよね?
「1ヶ月で10人とセックスした」なんて自慢げに書いてあるものは基本的に宣伝目的のウソです。
必要以上にエロい表現を使うところはまず作り話なので、信じないようにしましょう。
(なぜエロい話で誘導するか? その理由は「暴露3」で明かします)

中には本当に3人、4人と同時進行で付き合っている人の“本物”の体験談もあります。
でも、これは基本的に首都圏や大都市での話です。
地方で同じことをやろうと思ったら、かなり難しいです。

なので、そこに書いてあるやり方をマネしてやってもムダです。
地方で同じだけ出会いたければ、もっとレベルの高い努力が必要です。

このあたりの詳細は「暴露5:実録! 地方の出会い」に書きます。



県別どころか、市ごとに分かれているようなサイトがあります。

東京なら区でわけても人口が多いので意味があります。
でも○○村とか、明らかに人があんまり住んでなさそうなところまで分けて作るわけが分かりません。

本当に出会える優良サイトは、逆に県別どころか地方別に統合してしまうところもあるくらいです。
そうすることで、女性の人数が見かけ上多くなるようにするわけですね。
(これくらいは企業努力ということで、詐欺には入らないと思います)



実際、あなたが登録した後で、その地域の掲示板の書き込みが0だったら、もう使いませんよね?

では、そんな細かく分けることに何のメリットがあると思いますか。
・・・答えは「サクラにとって都合がいいから」です。

まず、地方では本物の登録者は0です。
男性は少しいますが、女性はほぼ確実に0です。

でも、書き込みはたくさんあります。
そう。全てサクラです。

ということは、登録した人が確実にサクラに出会ってくれるというわけですね。
本当に出会ってしまうと、その時点でサイトから退会してしまうかもしれません。
そうすると、サクラのカモにできなくなってしまいます。

サクラからしてみれば、へたに本物同士で出会ってくれない方が都合がいいわけです。


そしてもう1つメリットがあります。

それは、細かい地域が分かるので騙しやすいということです。

2人の相手からこんなメールが来たとします。

A「こんばんは。私はコンビニで働いてます。仕事が終わると暇だから、よかったら今度一緒にご飯でも行きませんか?」
B「こんばんは。私は○○駅のすぐ近くのコンビニで働いてます。近くに病院があるんだけど分かるかな…。仕事が終わると暇だから、よかったら今度一緒にご飯でも行きませんか?」

○○にはあなたの住んでいる町の駅名を入れて読んでください。

どうですか?
ほとんど同じ文章でも、Bの方がいっきにサクラっぽくなくなりますよね。
もちろん、本物のサクラはもっと巧妙な文章ですよ。

このように、具体的な地名が入ることで本当っぽくなるわけです。
今どきはgoogle mapなどネット上で、その町にどんな建物があるか調べるだけでなく、写真も見れたりする時代です。
実際にその場にいなくても、住んでる地域さえ分かればいくらでも共通の話題が作れるわけですね。

これはサクラにとってはものすごく便利です。

これを見抜こうと思ったら、地元人しか知らないネタを振れば一発です。
相手のサクラがたまたま地元の人間だと通じませんが…(笑)
(細かいことは後に譲ります)



こういうサイトがすごいのは、ちゃんと地域別に別名、別写真、別プロフィールの書き込みが用意してあるところです。
お試し検索で同じ人間が出てきたら怪しまれてしまうので、当然と言えば当然ですね。

名前やプロフはいくらでも捏造できますし、自動で作ってくれるソフトもあります。
写真も、すでに書いたとおりそれ専用のものが用意されています。
誰かが悪徳サイトと知らずに登録した写真が、勝手に流用されていたりもします。
(自分の写真が知らないところで使われているかもしれないので、見つけたら通報しましょうね)

では、サクラはどうなっているのか。
プロフ別にすべて管理するとなるとかなり大変ですよね?

この仕組みも簡単で、登録してある人とメールを送ってくる人は大体別なんです。

お試し検索で気に入った人がいて、そこにメールしても返事は返ってきません。
実在しないから当たり前ですね。

そして、それとは別の人からじゃんじゃんメールが送られてきます。
もちろん、かわいい(かっこいい)写真つきのメールなので、つい返事をしてしまうというわけです。

そちらはサクラ専門のバイトかプログラムなので、だいたいパターンが決まっています。
なので、同じサイトに複数のアドレスで登録すると、全く同じメールが来たりして笑えます。
これが怪しいサイトを見抜く方法の1つですね。

ただし「多重登録は罰金○万円」などと規約に書いてある、準備のいいサイトも多いので注意しましょう。
仮にバレて請求が来ても別に払う必要はありませんが、多重登録をすること自体はこちらに否があるので、100%大丈夫とは言い切れずお勧めはできません。
(ご希望なら、こちらで調査してもよいです)

なお、プロフに「○○市」などと書いてあるとつい本物かと思ってしまいますが、あれは県ごとに自動で変わるようになっていたりします。
違う県でも同じパターンのメールを送っているサイトもあれば、名前だけ変えているサイト、名前もパターンも全部変えているサイトもあります。

ともかく、知っている地名が書いてあっても安心しないでください。




ここでは、出会い系紹介サイトの運営者のほとんどが隠していることを暴露します。

かなり勇気がいりますが、悪い目を見る方が少しでも減ることを願って、あえて挑戦します。

これをすることで、正直私には何の利益もありません。
(だから、他のサイトの運営者も暴露しないわけです)

自分から出会い系を使った収入を捨てることになるので、正直言って自爆です(苦笑)
全てを明かした後で、それでもここを利用してくれるという方は使ってあげてください。


暴露3:出会い系紹介サイトの裏側  目次(各ページへ飛びます)

紹介サイトが儲かる仕組み
悪徳サイトと同レベルの紹介サイト
一見良心的な悪徳紹介サイト
“優良”紹介サイトとは?
ランキングサイトの裏側
やたらとエロい体験談つき紹介サイト

 



出会い系の比較サイトや紹介サイトは山ほどあります。
最近だと、PPC広告(googleやyahoo!の1番目立つところに表示する有料広告)を使ってサイトに誘導するところもあります。

わざわざお金を払ってまで比較サイトに呼び込むわけです。
なぜだか分かりますか?


ネットに詳しくない人でも分かるように簡単に説明します。

実は自分のサイトから誰かが出会い系サイトに登録すると、紹介料としてお金がもらえるんです。
1人につき平均で1000~1500円くらい。
高いところだと2000円以上もらえるところもあります。

これは、出会い系サイトが「紹介してくれたらお金を出しますよ。だから誘導してください」と言って、予め金額を設定しているわけです。
そして、比較サイトや紹介サイトを運営している人が、その中から好きなサイトを選んで誘導してあげるわけです。

そのため、出会い系サイトの紹介や比較をするサイトが大量に存在するわけです。
また、アダルトサイトの空いたスペースでいきなり出会い系の紹介をしているところもよくありますが、あれも同じ理由です。
アダルト画像をエサに集めて、出会い系サイトに登録させるわけですね。

これだけなら、別に問題はありません。
本当に心から優良と思えるようなサイトを紹介しているのであれば、別に悪いことではないからです。

でも、大きな問題があるんです。



紹介サイト自体が悪徳サイトだと言いたくなるようなところがたくさんあります。

1番ひどいのは、悪徳出会い系サイトに誘導するところです。

すでに書いたとおり、悪徳サイトの紹介料は2000円を超えるところもあります。
でも、同時登録などで5000円以上のポイントを買わせるので、悪徳サイトはそれでも十分利益が出るわけです。

そういう仕組みなので、基本的に悪徳出会い系サイトの方が紹介料が高いです。
そのため、悪徳出会い系サイトばかり紹介するサイトがたくさん出てきます。

紹介するだけなのでその人に罪はなさそうですよね?

でも、ひどいことに紹介料がもらえる条件(原則)は「悪徳サイトに登録して、その人がポイントを購入したとき」なんです。
つまり、騙されるのを前提で紹介しているわけです。

紹介料の高い順に「1位、2位…」などと紹介しているサイトもあります。
単に自分がもうかるからで、よいサイトかどうかなんて全く考えていません。
ひどいものです。

警察も詐欺幇助で捕まえるべきですが、そもそも悪徳サイト自体が野放しの現状ですから、
悪徳サイトを紹介するサイトまで取り締まることまで期待しても無理というものです。

しかし、こういったサイトははっきり言って儲かります。
少なくとも、ここのように良心的なサイトを作るよりよっぽど効率がいいです(苦笑)
そのため、多くの人が罪の意識もなくそういうサイトを立ち上げるわけです。
くれぐれも引っかからないようにしてください。

そういったサイトにたどりついてしまったら、読まないですぐに閉じるようにしましょう。
見るだけなら大丈夫と思うかもしれませんが、そのときは登録しなくても、何日か後で登録すれば、そのサイトに紹介料が発生するケースもあります。
実を言うと、開いただけで読まなくても無理やりあなたのことを紹介扱いにする方法もあります。
とにかく近づかないのが一番です。

しかし、悪徳出会い系サイトに誘導しなければ良心的なサイトかというと、そうではありません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。